会長あいさつ

 

Medical Nordic Walk
~ コロナ感染症時代におけるノルディックウォーク促進に向けて ~

『100歳までウォーキング』 会長
日本ノルディック・ポール・ウォーク学会会長
日本ノルディックウォーク連盟 山梨県支部名誉会長
富士温泉病院 名誉院長 矢野英雄

新型コロナウイルス感染症(covid-19)が流行する時代を迎えました。
夏の熱射病や冬のインフルエンザ、感冒が重なると更に拡大する危険性があります。
コロナ感染症が蔓延するウィズコロナの時代の安全なウォーキング実施概要が必要となりました。


ノルディックウォークは、三密を避けたところで行うウィズコロナ時代の最適のスポーツです。
「100歳までウォーキング」は、過去10年間股関節症など骨・関節障害ある人々が行った安全と安心のノルディックウォークの旅行会や講演会の親睦会でした。
しかし、ウィズコロナの時代ではこれまで唱えられてきた高齢者社会における「100歳までウォーキング」の展開の新たな検討が必要となりました。

「100歳までウォーキング」の会員およびご支援頂いた関係者の皆様に2本のポールで歩くノルディックウォークを楽しんで頂き、21世紀の「100歳までウォーキング」の会を推進するため、ここに「100歳までウォーキング」のホームページを開設いたしました。


富士温泉病院やノルディックウォーク連盟、ノルディック・ポール・ウォーク学会などノルディックウォーク推進に関わった皆様のご尽力のもとで「100歳までウォーキング」はメディカル・ノルディックウォーク(Medical Nordic Walk)として、骨・関節症や下肢運動障害、肥満や関節リュウマチ、心・循環器障害、更には脳梗塞や片麻痺、パーキンソン障害など多くの歩行障害者に歩く生活を回復するスポーツとして実施されてきました。 このトレンドは地球の重力障害に対抗した障害支援活動として、脳神経系障害やサルコペニアの筋力低下の予防、認知症やフレール障害の予防に向かう活動として展開され介護・福祉支援事業へ向かっています。


「100歳までウォーキング」の会員の皆さま、ステイホームの自粛生活でストレスに悩む皆様、ここに開設した「100歳までウォーキング」のホームページで、三密(密接、密集、密閉)を避け、ノルディックウォークを推進しようではありませんか!!


物理的な三密の障害を避け、
こころの緊密な連携を促進して
「100歳までウォーキング」のホームページを通じて
ウィズコロナ時代をノルディックウォークで楽しく乗り越えましょう!!

左:『100歳までウォーキング』副会長

右:股関節症、腰痛、膝関節症で入院中の患者様

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら