会長あいさつ

 

Medical Nordic Walk
~ コロナ感染症時代におけるノルディックウォーク促進に向けて ~

『100歳までウォーキング』 前会長
日本ノルディック・ポール・ウォーク学会 前会長
日本ノルディックウォーク連盟 山梨県支部 前名誉会長
富士温泉病院  前名誉院長 矢野英雄

新型コロナウイルス感染症(covid-19)が流行する時代を迎えました。
夏の熱射病や冬のインフルエンザ、感冒が重なると更に拡大する危険性があります。
コロナ感染症が蔓延するウィズコロナの時代の安全なウォーキング実施概要が必要となりました。


ノルディックウォークは、三密を避けたところで行うウィズコロナ時代の最適のスポーツです。
「100歳までウォーキング」は、過去10年間股関節症など骨・関節障害ある人々が行った安全と安心のノルディックウォークの旅行会や講演会の親睦会でした。
しかし、ウィズコロナの時代ではこれまで唱えられてきた高齢者社会における「100歳までウォーキング」の展開の新たな検討が必要となりました。

「100歳までウォーキング」の会員およびご支援頂いた関係者の皆様に2本のポールで歩くノルディックウォークを楽しんで頂き、21世紀の「100歳までウォーキング」の会を推進するため、ここに「100歳までウォーキング」のホームページを開設いたしました。


富士温泉病院やノルディックウォーク連盟、ノルディック・ポール・ウォーク学会などノルディックウォーク推進に関わった皆様のご尽力のもとで「100歳までウォーキング」はメディカル・ノルディックウォーク(Medical Nordic Walk)として、骨・関節症や下肢運動障害、肥満や関節リュウマチ、心・循環器障害、更には脳梗塞や片麻痺、パーキンソン障害など多くの歩行障害者に歩く生活を回復するスポーツとして実施されてきました。 このトレンドは地球の重力障害に対抗した障害支援活動として、脳神経系障害やサルコペニアの筋力低下の予防、認知症やフレール障害の予防に向かう活動として展開され介護・福祉支援事業へ向かっています。


「100歳までウォーキング」の会員の皆さま、ステイホームの自粛生活でストレスに悩む皆様、ここに開設した「100歳までウォーキング」のホームページで、三密(密接、密集、密閉)を避け、ノルディックウォークを推進しようではありませんか!!


物理的な三密の障害を避け、
こころの緊密な連携を促進して
「100歳までウォーキング」のホームページを通じて
ウィズコロナ時代をノルディックウォークで楽しく乗り越えましょう!!

左:『100歳までウォーキング』

右:股関節症、腰痛、膝関節症で入院中の患者様


「矢野先生の教え」

『100歳までウォーキング』 会長
東京大学スポーツ先端科学連携研究機構 機構長
東京大学大学院総合文化研究科 教授
中澤 公孝

 この度、矢野先生の急逝という突然の事態を受け、100歳までウォーキングの会長を引き継ぐこととなりました東京大学の中澤公孝です。
ご存じの方も多いかと思いますが、私は本会の名誉会長である宮下先生の研究室出身です。大学院生当時、最先端の歩行解析実験室がある国立障害者リハビリテーションセンター研究所に先輩とともに送り込まれました。子供の歩行を調べるためでした。矢野先生と宮下先生が国際学会で知り合いになり、矢野先生から歩行研究を行う学生を送ってほしいとの依頼があったことがきっかけと聞いています。以来、30年以上の長きにわたって両先生にご指導を賜ってまいりました。とりわけ、矢野先生には私を国リハの研究員として採用していただいて以来、30年近く常に暖かく見守っていただいてきました。このような深いご縁を大切にするとともに、両先生の教え子として、本会の灯を絶やさぬため、矢野先生の後を引き継ぐ重責を担うことにしました。


 返す返すもこの度の悲報は大きなショックであり、しばらくは矢野先生がいらっしゃらない事実を受け入れることができない思いでおりました。同様な思いを多くの関係者、そして患者さん方がおもちになったことと思います。しかしもう前を向いて歩くほかはありません。


矢野先生の保存治療の本質は、患者さんご本人がご自分の身体と向き合い、ご自身の心身の状態を把握して、最適な状態に維持するための適切な方法を見出す、このことができるよう導くことにあると私は理解しています。医療者側からの目線では患者教育ということになります。実は、自身の心と身体の状態を的確に把握して、最適な状態になるように努めることは、生活の質(QOL)を良好に保つために必要な技術ともみることができます。この技術は、コロナ禍の現在、そしてポストコロナの時代にあってその重要性が今まで以上に高まったといえます。100歳までウォーキングの活動は、まさにこの技術の中核をなす活動です。なぜなら、適度な運動は現代社会そしてポストコロナの時代には、ほとんどの人にとって良好な心身の状態を維持するために必要だからです。そしてこの運動は、美しい景色や雄大な景色など気分を晴れやかにする刺激や他の人との触れ合いなど、心を晴れやかにする刺激が加わるとさらにその効果を高めると考えられます。
 100歳までウォーキングで楽しく無理のない運動ができることはとても幸せなことだと思います。ぜひ、皆様とともに矢野先生が土台を作ったこの取り組みを多くの人が共有できるよう私なりに取り組んでいこうと考えています。至らぬことが多いと思いますが、これからどうぞよろしくお願いいたします。


「矢野先生のご活動を絶やさぬために」

『100歳までウォーキング』 副会長
中京大学スポーツ科学部 教授
福崎 千穂

 矢野先生がご逝去されて半年が経ちました。突然の訃報にただただ信じられない思いでおりましたが、今でも嘘であってほしいと思っておりますが、先生がいらっしゃらない時間が過ぎております。「いつまでも悲しんで、止まっていちゃいかんよ」と矢野先生に怒られそうな気もしてきましたので、矢野先生がご尽力されてこられたことの一部でも何か継続するためのお役に立てればと思い、今回副会長をお引き受けさせていただきました。


 橘田さんからいただいたメールを通じて、「温泉プール、リハビリ、PT、OT、注射、中国鍼、吸い玉、痛みのチェック表、ノルディックウォーク、水中ポール・ウォーキングなど、僕には10個以上の治療方法があるんだ」と矢野先生がお話しされていたというエピソードや、「痛みは過去何十年間の生活習慣、生活障害なんだからそこを改善すること」、「痛みの日記によって、自分で自分を客観的に見つめ直し、なぜ?どうして?痛むのかが解れば、痛みの少ない生活ができて不安がなくなり、年齢を問わずに次第に改善します。自分自身で痛みをコントロールして下さい!」と患者さんにお話しされていたということを伺いました。また、2月末には矢野先生の蔵書整理のお手伝いをさせていただき、その際に、矢野先生が非常に多岐にわたる分野の本を読まれ、患者さんに寄り添って診察をするための多くの知識を得る努力をされていたことを知りました。亡くなられて改めて、矢野先生の保存的治療に対する強い思いを感じました。私は医師ではありませんし、矢野先生のような知識も経験もありませんが、それでもノルディックウォークや水中ポール・ウォーキングなどいくつかの手法は私にも実践することが可能です。痛みの日記なども何か引き継げる部分がないかと模索しております。矢野先生が行ってこられたことに比べたら小さな一部ではありますが、私にもできるかもしれないこれらのことを通じて、100歳までウォーキングの会員の皆様のお役に立てるよう尽力したいと存じます。


 矢野先生という大きな柱があって運営されてきた「100歳までウォーキング」ですので、矢野先生がいらっしゃらないことは本当に大変な事態かと思います。役員の皆さま、会員の皆さまのご希望やご意見を伺いつつ、また中澤会長をサポートしつつ、皆さんとともに矢野先生のご遺志を引き継ぎ、「100歳までウォーキング」の会を継続・発展させることができればと願っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら